法人設立の最短、最安

法人設立を最短で

法人設立の最短、最安
日本では様々な組織が存在しています。一般的には会社という組織が多く存在していますが、最近では法人と呼ばれる組織が注目を集めています。法人とは利益を目的としない非営利団体です。非営利とは言え、法人に勤めている人はお給料を貰っています。会社との違いは余ったお金を分配せずに社会貢献に利用することです。
この法人設立をする時は、様々な書類の作成や手続きをすることになります。法人設立は会社の設立とは違って初期費用がほとんど掛かりません。しかし、法人設立は最短でも5ヶ月から6ヶ月ほどの時間が掛かることがあります。
法人設立には条件が多くあり、一番始めに会員を10名以上集めることから始まります。この会員で法人の目的や書類作成の承認などを行います。法人設立に掛かる初期費用はほとんど掛かりませんが、5ヶ月以上の間活動はできないことを考慮しておくことが大事です。そのため、実質費用は高額になることが多いと考えられます。

※法人設立を最安で

法人と言うと、何千万と言う資本金を思い浮かべる人もいるのではないでしょうか。大手の企業ならともかく、SOHOなどではそこまで資本金が多い会社は少ないでしょう。少ない資本金であっても会社を設立することは可能なのです。再安の法人設立は、何と言っても0円でしょう。
実質出資額は0円では起業することはできません。最安でも実質出資額は1円は必要となります。しかし、0円で法人設立をしたと言う話は聞いたことはあるでしょう。その0円は出資額ではなく資本金のことなのです。
現金の出資と現物出資を合わせた合計額から、法人設立に必要な費用を差し引いた額が0、又はマイナスとなる場合に認められるのです。つまりうまく出資額と費用などを合わせた場合のみ、資本金が0円になるのです。似たような設立方法であったとしても、資本金0円とはならない場合もありますので、専門家に相談しながら進めてみると良いでしょう。
資本金0円と言う文言は会社を印象づけるのにはとても有効なのです。だからこそ、0円の法人設立を考えている人も多くいるのです。”